ホームサイトマップ
 「品質と鮮度の良い魚を」 お届けする 日本一の魚屋 
  今が旬!> フードコーディネーター理香先生の簡単レシピ>焼き魚>

 旬のおいしい”焼き魚”を食べよう!   


     
   ◆焼き魚をご家庭で美味しく食べるCOOK ガイド◆
焼き魚 焼き魚 焼き魚

   焼き魚鉄則

◎ 焼く時は焼き網・グリルをしっかり余熱し、基本は『遠火の強火』で 何度もひっくり返さない。

◎ 焼き網は熱して油又は酢を塗っておく。⇒魚がくっつくのを防ぐ

◎ 盛り付ける時に上になる方から中〜強火で6ぶ、裏返して中〜弱火で残りの4ぶを じっくり焼く。

 
   【尾頭付】 ◎ ヒレ・尾など焦げやすい部分に化粧塩をする。

◎ 1尾丸の魚の場合は隠し包丁を入れる⇒ 火通り、身離れがよくなる。

◎ 魚の両面に塩をして15〜30分置き表面に出た水分をしっかりふき取り、焼く前に再度振り塩をする。 ⇒魚の生臭みを残さず焼ける。
 
   【切り身】 塩焼き/塩をして10〜15分置き表面の水分をふき再度振り塩

粕漬け・味噌漬け/表面の味噌・粕を軽く拭きとる。
 
   【干 物】 ◎ 中火〜弱火でじっくり火を通す。焼き過ぎは厳禁!

◎ 冷凍物は前もって冷蔵庫で半解凍してから焼く。
 

*尚、魚の種類、大きさなどによって多少違いがございます。

(c)Copyright 株式会社 北辰

店舗案内採用情報会社案内お料理レシピ今旬!情報魚の選び方ホームサイトマップ