ホームサイトマップ
 「品質と鮮度の良い魚を」 お届けする 日本一の魚屋 
  今が旬!> フードコーディネーター理香先生の簡単レシピ>

旬のおいしい”鮎”を食べよう!
◆あゆの塩焼き:香り玄米ご飯◆
  
あゆの塩焼き:香り玄米ご飯
ポイント
◎鮎は日本の淡水魚の代表選手! 別名:香魚との呼び名があるように独特のにおいがある。

◎卵巣の塩辛:うるかも有名。


★材料/3〜4人分
・あゆ      3尾 ・大葉     5〜6枚 ・玄米入りご飯
(振り塩:多目) ・生姜みじん   大1〜 (白米2合+玄米1合)
  (あとはお好みで)

あゆの塩焼き:香り玄米ご飯 あゆの塩焼き:香り玄米ご飯 あゆの塩焼き:香り玄米ご飯

@あゆは表面のぬめりをふき取り、振り塩をしっかりめにする。大葉、生姜はみじん切りにする。

A十分に熱した魚焼きグリルに@のあゆを入れ両面こんがりと焼く焼きあがったら頭・骨を取り除き、身をほぐす。(内臓はお好みで)

B炊き立ての玄米入りごはんに生姜・大葉を加え混ぜ、Aのあゆも入れてさっくりと合わせて出来上がり!*香りのある塩焼きのあゆと生姜・大葉の組み合わせが絶妙です
ビール ワイン お酒によく合う魚料理のレシピ

(c)Copyright 株式会社 北辰

店舗案内採用情報会社案内お料理レシピ今旬!情報魚の選び方ホームサイトマップ